2009年09月23日に開催された、道標ツアーin代々木第一体育館の参加レポートです。

看板画像
TOP 福山雅治のコンサートへ行こう!> コンサート参加レポート > 道標ツアー代々木体育館 1日目レポート
福山雅治コンテンツ
福山雅治レポート
コンサート豆知識
会場駅周辺ホテル
このサイトについて
福山雅治のコンサートの魅力
スポンサードリンク

福山雅治

福山雅治の20周年記念ライヴ
WE’RE BROS.TOUR2009−道標−
の代々木追加公演初日に参加してきました。
2009年9月23日(水)は曇ってました。
東京公演の様子1 東京公演の様子2
東京公演が行われた、代々木第一体育館の様子
今回はスタンドの1階。今までのツアーだと花道沿いだって席についたら
稲佐山と同じ花道になっていて残念でした。が・・・
目の前は、VIP席。この日はとくダネの司会の小倉智昭さんや
ジョン・カビラ家族などがいらしてました。
そしてライブが開始”それがすべてさ”で場内が暖まった頃に
そして、ステージに明かりが照らされ福山雅治さんが挨拶
残響一等賞おめでとうございます。
そして化身一等賞おめでとう ございます。
オリコン1等賞を10回とった男性ソロとしては
トシちゃん、マッチ以来三人目
シンガーソングライターとしては初めてだそうです。
そしてこの日は歌います。一杯歌います。と宣言
MCにまずは恒例の出席確認
”今まで福山のライブに来たことがあるという方。”(マシャ)
初めてきたという方。
性は福山、名は雅治、1969年2月6日に長崎で生まれたと聞いております。
”女子!女性大好き福山雅治です。”(マシャ)
”男子!男性も大好き福山雅治です。”(マシャ)
”次は年齢確認を。大丈夫です、すぐに終わります
私、若いです!という方?”(マシャ)
と一呼吸おいて、幼稚園のお子様
パンと映り慌てて手を挙げ会場拍手で終了でした。
普段のツアーならMCを実施するところなのでしょうが
この日は宣言どおりカット。
なぜ花道がいつものツアーと違うかというと

”キャー”(会場)
”聞きたい”(会場)

そして、マシャの最後のMCでは、
『皆から沢山のエネルギー頂きました、この四日間乗り切れそうです。
今日はどうも有り難う、また会おうまたやろうな!』
初日のレポートでした。
初日に参加されていた小倉智昭さんが翌日の
とくダネでコンサートの感想言ってました。
”福山雅治はもう教祖様だね。”
”テープや紙吹雪の中、踊ったり、跳んだり、ファンとの一体感がすごいよ”
”福山雅治のギターもものすごくうまくなった。”
”音づくりに徹底していて完成度が実に高い。”
”作詞作曲,歌,ギターも弾けて,演技もする人は世界でも類をみない”
”エルビスプレスリーくらいしか思い付かないよ”
と終始絶賛しておりました。

01.群青−ultramarine−
02.ON AND ON
03.HELLO
04.それがすべてさ
05.IT’S ONLY LOVE
06.milk tea
07.survivor
08.phantom
09.幸福論
10. ながれ星

 ・Fellow
 ・蜜柑色の夏休み
 ・good Luck
 ・遠くへ
 ・ 旅人 11.VS.〜知覚と快楽の螺旋〜
12.Peach!!
13.Gang★
14. 追憶の雨の中
15.RED×BLUE
16. 化身 
17.想 〜new love new world〜
18. 明日のSHOW
19. 道標
20.KISSして
21.18〜eighteen〜
22. 最愛
Wアンコール
23.Good Night